HOME > 下水道料金削減認定申請から取得まで

ご導入までの流れ

下記スケジュールにより最短60日間でお客様は減量利益を得ることが可能です。

❶ ご提案
下水道料金削減スキーム概要についてのご説明、質疑応答。 現場条件、下水道のご使用状況についてのヒアリング、ご準備頂く必要資料などのご案内をさせて頂きます。

❷❸ 基本合意書締結・資料確認及び現場調査(平面・立面)
建物竣工図(外構平面図)や管路図、上下水道使用量(料金)実績などの書類を確認させて頂きます。

❹ 行政当局事前協議
弊社の費用でお客様の減量申請に必要な施設を建設しますので事前に行政(自治体)との間で設計や施工方法について協議します。

❺ 認定申請書提出
自治体に対し、お客様の代わりに減量認定申請書を作成、提出します。

❻ 契約書締結
お客様と弊社との間で施設提供及びコンサルティング契約を締結させて頂きます。

❼ 流量計設置工事
下水(汚水)排出口に流量計を取り付けます。

❽ 行政当局現場立会・確認・検測
自治体下水道担当部局の方が施工場所にて立会の上、協議結果の通りに適正に流量計設置や土木工事が行われたかを確認し、機器についても検査測定します。

❾ 減量認定通知受領
自治体より下水道使用料減量認定通知書がお客様に届きます。

❿ 減量請求開始
減量認定通知書受領以降の下水道料金が安くなります。

 ※減量認定申請先である地方自治体により、所要日数は異なる場合があります。

Copyright ©2014 共同ガス株式会社(Kyodo Gas Co.,Ltd.) All rights reserved.