HOME > 下水道料金削減

下水道料金削減のしくみ

我が国では、“上水道水量=下水道(汚水)水量”と見做し、下水料金は上水量に課金することで行政側は事務の簡素化を図ってきたのですが、実際には蒸発、調理、地中浸透などにより上水量の一部が消失することで排出されない下水量も相当量存在します。
適正な方法で市町村等下水道事業者に対し、下水道使用料減量認定申請を行うことでお客様の使用条件や現場条件により差がありますが24~47%程度(当社実績)の料金削減が見込めます。
下記は、上水道使用量10,000㎥に対して、以下のとおり4,000㎥の減量(40%減免)を認定された例です。


上水道使用量 10,000㎥
(水道メーターに記録された水道使用量)

汚水排出前の消失水4,000㎥
(ボイラー、冷却塔、調理、散水による蒸発)

実際の下水道使用量 6,000㎥
(40%ダウン)

上記のような例であれば、まず民地内の最終汚水桝(人孔)内に流量計を設置します。そして、実際に排出された下水道(汚水)水量6,000㎥を計測することで実際の汚水量だけが行政から請求されるため、その結果として4,000㎥の減量認定が可能となります。

初期費用及び維持管理費用のご負担

弊社が設備設置費用を負担し、煩雑な減量認定申請や毎月の請求業務はもちろん、計測機器の常時監視や定期点検、メンテナンスもすべて弊社で執り行いますので、初期費用や維持修繕費、日常的な経費などにおける、お客様のご負担は殆どありませんのでご安心下さい。 ※但し、機器運転用の電気使用料等、一部の維持費用についてはお客様のご負担となりますのでご了承ください。
調査  申請  施工  請求  点検

共同ガスの報酬

共同ガスの報酬は完全成功報酬です。お客様における上下水道のご使用状況や現場条件を調査後、お客様が受けられた減量金額(本システム導入によりお客様が削減された下水道使用料金相当額)に対する1/2~2/3の範囲で弊社報酬額を提案させて頂きます。又、弊社の報酬には設備設置費や維持管理費、事務費など全ての費用が含まれています。本提案のサービス導入後、下水道使用料金の減量率が40%であった場合、以下の様なイメージとなります。
Copyright ©2014 共同ガス株式会社(Kyodo Gas Co.,Ltd.) All rights reserved.